海外「えっ、マーベルはどこ??」『2022全米で人気漫画トップ10』大半が日本の漫画

漫画

米国コミック市場について

日本で有名なアメコミのスーパーヒーローといえば、DCのバットマン、そしてマーベルのスパイダーマンでしょうか。自分もあまり詳しくないのでアメコミのスーパーヒーローと言えばこの2人?ぐらいしか思い浮かばないのですが、「アベンジャーズシリーズ」というヒーロー大集合映画の登場キャラ一覧を眺めていると、さすがに自分のような知識のない者でも知ってる名前がチラホラありました。例えばアイアンマンやブラックパンサーはその詳しい造形までは分からなくても名前は知ってます。

 今話題となってるのは、アメリカのここ数年のコミック市場の変化です。アメコミの低迷とともに日本の漫画の売上がどんどん伸びていて、今後も将来に渡りその傾向は続いていきそうです (ジャンル、内容ともに面白い漫画が次から次に出てますし 😉
アメリカで日本の漫画を出版する1番有名な企業は、“VIZ出版社”でアメリカの漫画出版においてかなりのシェアを占めてます。個人的な感覚だとアメリカで漫画を5冊購入すると、そのうち4冊ぐらいはここから出ているんじゃないのというぐらい有名。

この出版社についてすこしwikiを見て驚きました! なんとVIZ は日本の小学館、集英社プロダクションの関連会社で、創業者は日本の方でした (全然知らなかった)。かつてはフランスのパリに支社を持ってたようですが、パリ支社は現在クランチロールに買収されたようです。VIZ Media本社はアメリカ、サンフランシスコにあります。

NPD による米国コミック市場調査結果

アメリカの書籍出版業界の市場調査会社であるNPD Bookscanの2022年のコミック市場の売上調査は継続的に統計的な調査がなされてるため、より正確な出版物の人気の傾向など把握できます。今回この調査に基づいて、メディアbeatのスタッフが分析した内容は以下の通りとなります。

by media beat

  参考元   2 3

コミック市場を対象とした報告書によると、調査を始めて以来の最高益トップ100のうち、53作品がマンガ、41作品が児童書で、アメコミ(主に大人向けのグラフィックノベル)はわずか6作品。この報告書を読み解いた著者によるとトップ1〜3は次の児童書のシリーズが独占している。by メディアbeat

『CAT KID COMIC CLUB』by PILKEY, DAV (全米コミック市場ランキングTop1〜3位独占)

児童書が上位を占めてる理由は、小学校や中学校の図書館などにこれらの書籍が大量に販売されてるから。ところがそこに日本の漫画が食い込んでいる。トップ 20 のうち残りの 5 つは漫画だ。日本の漫画が最初に全米ランキング入りするのは、6位の「チェンソーマン」1巻、藤本タツキである。

by media beat

マーベル/DC のスーパーヒーローのアメコミは、トップ 250 にも入っていない。もっとも売上を上げたものでも、 DC の『バットマン: イヤー ワン』で 257 位。マーベルは? 彼らの初登場は、Lemire & Smallwood の Moon Knight で 483 位。

by media beat

海外製漫画 知育 英語 イングリッシュ アメリカ Batman: Year One Deluxe海外製漫画 知育 英語 イングリッシュ アメリカ

米国市場における日本の漫画ランキング

《以下は日本の漫画のみのランキング》

Midnight Robbot twitter

トップの「チェンソーマン」はアニメ化でさらに注目されましたが、アニメでは全13話毎話エンディング曲を歌うシンガーが違うことでも話題になりました。米津玄師さんが歌うオープニング曲のKick backはYouTubeだけでも1億回以上も再生されてます。

8位の「ヒロアカ」は漫画が売れているだけでなく、アニメが米国の人気テレビ番組の上位を獲得するほどの人気です。アメコミ風の絵柄とヒーローものへの親しみに加え、日本の漫画に多く見られる感情の細やかな描写やキャラの成長がガッツリ米国人の心を鷲掴みにしている模様。

海外の反応

以下この記事に対して海外スレではどんな感想が飛び交ってたのかまとめてみました。

——————

  • アメリカで漫画がこれだけ売れているのは嬉しいな。このまま伸びていくことを願っている。+43
  • ↑ パンデミック後、漫画は大きく成長したよね。 実際、現在アメリカのコミック市場全体の約 56%を占めてる。+13
  • 「ドロヘドロ」の林田球は33位と上位の方だ!! さあもっと行け。アメリカで公開される「スラムダンク」の映画が漫画の売上にどう反映されるのか気になる。+25
  • うっわ、「スパイ×ファミリー」は386%の成長率だわ。+13
  • 「ブルーピリオド」が35位とランキング入りしてるのは嬉しい。+7
  • ↑ 僕も大好き! 数日前にアニメのシーズン1を見終わったばかりだけど、漫画も集めるつもり。
  • ↑アニメが好きなら漫画は絶対気にいるはず。
  • ↑ 今日ウォルマートに在庫があるかどうかを見に行ったら、棚に第2巻が1冊だけあったよ。第1巻も欲しいわ(笑)
  • 「ピンポン」の松本大洋さんがランキング入りしてないのは悲しい。+6
【新品】【ブルーレイ】ピンポン スペシャル・エディション 窪塚洋介
  • 今は店頭で普通にいろんな漫画が販売されてるのがクールだな。僕の若い頃はウォルマートで「Naruto」ぐらいしかなかったから。+7
  • 「地縛少年花子くん」がアメリカで100万部売れたって?「呪術廻戦」や「チェンソーマン」のようにメジャーでもないのに!+27
  • ↑ その漫画は日本の超常現象に基づいていて、適度なユーモアとロマンスを散りばめてる。10巻以降は本当に不気味になるんだ。アートは素晴らしいし、ユニークだよ。ゲームの「ペルソナ」を楽しめたならこの漫画もお勧め。+22
  • ↑ アメリカの店舗でよく見かける漫画は、「ワンパンマン」「呪術廻戦」「スパイ×ファミリー」「進撃の巨人」「鬼滅の刃」などだけど、その漫画もよく見るね。+5
  • 「デッドプール: samurai 」が44位と高いのは驚き! +4
  • ↑ 実際、これは2022年にアメリカでマーベルキャラが登場するコミック作品の中で最も売れた漫画だよ。+5
    (*マーベルと少年ジャンプ+のコラボ漫画)
  • えー、なんで「SAKAMOTO DAYS」が載ってないわけ:( +8
  • ↑ 「マッシュル」みたいに素晴らしい漫画だけど、アニメ化してないから。+3
  • 手塚漫画はたくさん再販されてるはずなのに、アメリカではまだ無名なんだな。+5
  • ↑ 手塚治虫原作の「火の鳥」は、今年『PHOENIX: EDEN17』とリメイクされてディズニー+で配信予定だよ。
  • ↑ 最近リメイクされてたアニメ「どろろ」はアニメサイトだと115番目くらいの人気だわ。
  • 少女漫画やボーイズラブ漫画もランキング入りしてるのはいいね。+5
  • 1980年代後半から90年代半ばにかけて、マーベルや DC好きがよく見ていたのは『AKIRA』とかだったな。
  • 「ワンピース」の人気は今西洋で本当に雪だるま式に増え始めてる。前回より43%も上昇しているらしい。
  • ↑ 「セーラームーン」や「ドラゴンボール」もまた人気が高まってる。思うに、新規ファンが古い作品に戻ってきてるんじゃないかな。

2023年おすすめ漫画海外ランキング15「絶望と闘いたい人に読んでほしい」

海外「東アジアの皆の心に思い出を作った」2023年5月漫画売上ランキング

——————-

「ピンポン」は昔の作品ですが、今見ても傑作;) 実写化の成功例としてよく名前が上がります。原作の絵柄はユニークで好みがありそうですが、1度話に入り込むと不思議と馴染んできますw

コメント

  1. 無名 より:

    日本の出版社に海外の売り上げの何%入ってきてるのか、知りたいな。
    日本の漫画は知名度と人気はあるけど、マーケティングが下手だから
    買い叩かれてそうなんだよね。

    • コメントありがとうございます。記事を更新しました。アメリカで日本の漫画を売る巨大シェアを誇る企業は日本企業出資の企業でした。VizMedia(集英社、小学館) 。進撃の巨人は講談社USAから出てました。

  2. Birdhead より:

    例外的にTMNTともう一つ入ってはいるけど「日本の」漫画のみのランキングといっても過言ではないなあ
    13位の作品は聞いたこともないので少し気になる

タイトルとURLをコピーしました